保険の見直し

\保険の比較・見直しなら/

トップページ > 大阪府

保険の見直しって大変なんでしょう?と二の足を踏んでいるあなたにおすすめなのが、保険の比較・見直しを無料でアドバイスしてくれる保険の販売代理店です!

当サイトでは大阪府で保険の見直しを考えている方に、お近くの保険の販売代理店を紹介しています。

保険というのは、何かあった時のために入っておくと安心というものなので、何か起きない限りは、別段困ることもないしそのままでいいやと思っている人が大半なのではないでしょうか。

お手元に保険の契約書をご用意ください。

今、加入している保険は三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞))になった時に保障はしてくれますか?

もし、三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞))になってしまったら、はっきり言ってその保険じゃまかないきれません

入院費の足しになる程度の保険では、健康なうちは入っていれば安心という安心感は得られたかもしれませんが、いざ病気になってしまった場合、保険としてのありがたみはほぼ感じられないといっても過言ではありません。

高額療養費制を利用すれば10万程度におさまるんでしょ?それくらいで済むなら見直すのは面倒…と思われるかもしれませんが、高度先進医療(がんであれば陽子線治療(平均技術料約250万)等)を受ける場合、公的医療保険の対象外のため全額自費となります。

三大疾病というのは治療費が掛かり、治療が長期化する可能性があります。

入院が長期化すれば仕事への影響もでてきますし、それに伴い収入にも影響がでてくるという人もいるでしょう。

手術して完治する病気であれば不幸中の幸いですが、入院手術後も通院治療を余儀なくされる場合もあります。

また、がんの告知を受けていたり過去に入院歴があると入れる保険が制限され、やっと入れる保険がみつかっても保険料が倍になったり、契約から1年以内は保障が半分になるなど条件が厳しくなります。

いろいろな保険を自由に選べる時に見直しをしましょう。

今のうちに保険の見直しをしておくことが、あなたにとっても、あなたの家族にとっても、とても大切なことなのです。

保険を見直すのは大変?

保険を見直したほうが良いというのはわかっていても、各社から資料を取り寄せたり、内容を比較検討するのは大変…。

ということから、そのうちそのうち…と先延ばしにし、今に至っているという人はいませんか?

確かに全部自分ひとりでやろうとすると、大変な労力がかかるのは否めません。

しかし、先延ばししているうちは健康でいられるなんていう保証はどこにもありません。

それならば、保険のプロに任せてしまえばよいのです。

ほけんの窓口や、保険の見直し損保は、約35~40社もの保険商品から、あなたに合わせた保険を、保険の専門家が紹介してくれるサービスです。

しかも何度でも相談無料で、無理な勧誘や契約は一切ありません

\保険の見直しなら!/

速水もこみちでお馴染み!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国600店舗以上約35社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 来店型保険ショップ店舗数NO.1!
  • 24時間ネットで簡単予約

【ほけんの窓口の相談の流れ】
ほけんの窓口は、電話かインターネットで無料相談予約→意向の整理→保険選びの情報提供→意向の再整理→申し込み手続き→契約内容の再確認(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険選びの情報提供を受けた後でも、現在加入中の保険が本人のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。

【安心の輪サポート】
安心の輪サポートとは、加入後の各種手続き(保険金・給付金等の請求、契約情報の変更等)を1つの窓口で受け付けしてくれるサービスです。
定期的に加入中の保険を確認することができる、安心の輪定期便の発行も行っています。


亀梨和也がCM出演中!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国254店舗約40社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 契約実績100万件以上!
  • 各種変更手続きも一元管理でサポート

【保険見直し本舗の相談の流れ】
保険見直し本舗は、フリーダイヤルかインターネットで無料相談予約→保険の診断+アドバイス→保険のプランの提案→申し込み手続き→各種変更手続きも一元管理でサポート(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険が全くわからないという方でも、基礎からきちんと説明してくれますのでご安心ください。

【情報管理の一元化】
保険見直し本舗はすべて直営店舗です。
引っ越しなどで利用していた店舗への来店が難しくなっても、新居の近くにある保険見直し本舗の窓口にてこれまで通り相談することが可能です。

まとめ

保険の見直しを考えているなら、プロに相談してみませんか!相談料は何度でも無料です!

大阪府の方向けはじめての保険の見直しQ&A

保険の見直しを考えているけど、何を選べばいいのか分からないし、手続きが大変そう…と思われている方も多いかと思います。
まずは保険について、そして保険の見直しについて知ることが重要です。
保険・保険の見直しに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.生命保険にはどんな種類がありますか?

A.死亡保険、医療保険、収入保障保険等があります。

Q.死亡保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種です。一定期間の保障が続く定期保険と、終身保険等があります。

Q.医療保険とはどういう保険ですか?

A.入院・手術等による医療費に備えるための保険です。差額ベッド代や入院中の生活費等、入院時にかかる費用にも備えることができます。

Q.収入保障保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際にご家族等保険金受取人が保険金を毎月のお給料のように受取ることができる保険です。

Q.がん保険とはどういう保険ですか?

A.がん(悪性新生物)による入院や手術、また通院治療の保障に特化した保険です。

Q.がん保険は入っておいた方がよいですか?

A.加入の検討をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになると言われています。親族にがんなったという人がいたり、喫煙をされている方は特に加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険に入っていればがん保険はいりませんか?

A.いいえ

医療保険でも給付金を受け取ることが可能ですが、保険料が同等の場合医療保険のほうががん保険に比べて給付額は少ないため、がんの特約を付けておいた方が安心です。

Q.妊娠したら医療保険には入れませんか?

A.いいえ

ただし、妊娠がわかってから加入した場合や、5年以内に帝王切開をしたことがある場合等、妊娠・出産の給付に制限がつくことがあります。

そのため、医療保険の検討をしている女性は、独身時や妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

Q.出産を考えていますが、女性保険に加入したほうがよいですか?

A.加入をおすすめします

出産にはリスクがあるため女性保険に入っておけば金銭面で安心できますし、入院が長引くケースも考えられますので加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険と女性保険どちらがよいですか?

A.医療保険でも、女性特有の病気になった際に保障を受けることができますが、女性保険のほうが女性にとって手厚い保障内容になっていますので比較することが大切です。

Q.傷害保険とはどんな保険ですか?

A.損害保険会社が扱うケガや事故に対する保険で、外部の原因によって肉体に傷害を受けた際に一定金額がもらえる保険です。

死亡保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金があります

Q.生命保険は若い内に入っておいた方がいいって本当ですか?

A.本当です

生命保険は、健康状態などの理由によって加入できない場合がありますので、若く健康なうちに入っておくことをおすすめします。

また、生命保険の保険料は年齢によって変わっていく(年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるから)ため、若いうちに加入することで保険料が安くなるというメリットもあります。

Q.若い人でも保険は必要ですか?

A.必要です

病気のリスクは低くても、思わぬケガや事故のリスクは高い傾向にありますので、保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.独身でも保険は必要ですか?

A.必要です

自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、医療保険やがん保険の加入をおすすめします。

治療費をはじめ、仕事を休んだ場合の収入減や、生活費の確保などを考慮して保障を選びましょう。

Q.専業主婦でも保険は必要ですか?

A.必要です

旦那さんが介護することになった場合に起こり得る休職及び収入減や、小さいお子さんがいる場合には保育園や託児所、シッターなどを利用することになるかもしれませんので、万が一に備え保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.アルバイトやパートでも保険に入れますか?

A.加入できます

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員の方でも、保険に加入することはできます。

商品によっては保障額に制限が出たり加入できない場合もありますが、入院になった場合、収入がなくなってしまいますので、保険に加入しておくことで安心して治療に専念することができます。

Q.高齢者でも保険に入れますか?

A.加入できます

年齢の上限は各保険商品や保険会社によって異なります。

Q.無職でも保険に入れますか?

A.入れません

被扶養者や、一定の収入源がある人は保険に加入することができますが、収入源のない無職の人は保険に入ることはできません。


Q.保険料を安くしたいのですが

A.保険を見直すことで安くなる可能性があります

現在加入している保険が自分に合った保障額なのかということを確認することが大切です。まずは、ほけんの窓口や保険見直し本舗にて相談されてみることをおすすめします。

Q.ほけんの窓口や保険の見直し損保はどうして無料なのですか?

A.保険会社から支払われる契約手数料等で運営しているためです

ほけんの窓口や、保険の見直し損保といった保険の販売代理店は、提携している保険会社からの契約手数料等で運営されていますので、相談者は無料で利用することができます。

Q.ほけんの窓口や保険の見直し損保を利用すると、直接加入するよりも保険料が高くなったりしませんか?

A.なりません

同じ保障内容で同じ保険商品なら、直接加入手続きしても、ほけんの窓口や保険の見直し損保経由で加入しても、保険料は一切変わりません。

Q.保険を無理にすすめられるということはありませんか?

A.ありません

現在加入中の保険がライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。無理な勧誘はありませんので安心してご利用ください。

Q.加入している保険が自分に合っているか確認してもらうだけってダメですか?

A.問題ありません

加入中の保険の確認や相談のみでも大丈夫です。

Q.現在保険に加入していないのですが相談にのってもらえますか?

A.大丈夫です

Q.相談に行く際には予約したほうがよいですか?

A.予約をおすすめします

予約者優先のため待ち時間が出来てしまう可能性がありますので、事前に予約をしておくことをおすすめします。

Q.子供と一緒でも相談できますか?

A.大丈夫です

店舗によってはキッズスペースがない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q.自宅で相談にのってもらうことはできますか?

A.大丈夫です

育児・介護等で来店が難しい場合、自宅や職場等で相談にのってもらうことができます。

訪問の場合でも相談料や交通費はかかりませんので安心してください。

保険の見直しを考えているときに役立つコラム

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、その時間をできる限り有効活用したいものです。
見直しを依頼するときに気を付けるべき点は、現状の保証と月々の支払額で問題はないのかどうか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?と言ったことです。面談までの下準備に自身のライフスタイルを明白にし、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。

するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。



またどの会社で面談をお願いするかも大切なことなので、選ぶ際もきちんと調べましょう。

保険は人生の中でも特に重要な部分を占める出費ですから、見直しをするにも細心の注意を払う必要があります。



考えられるトラブルについては事前に掌握し、しっかりと用意をしておきましょう。特に無理な勧誘に合った場合どうすれば良いか心配な人は多いと思います。心配なところばかり挙げたり、メリットばかりを強調されたりして納得できる提案がないままうやむやに決断指せようとしてくるようなパターンです。言いたいことはきちんと伝えてすぐに判断するのはやめましょう。



きちんとした会社なら担当者を替えるサポートも用意されています。

毅然とした態度で臨み、大切な決断を間違えないようにしましょう。
保険を見直すときにはお店に行くにしても家や近所に来て貰うにしてもやはり面とむかって話し合う場合がほとんどですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだ沿うです。どうすれば良いかと言ったと、最初にインターネットなどから電話をして貰う時間の予約をする必要がありますが、そのあとは予約時間を待つだけで良い理由です。



通話料もかからないとのこと。
これならプランに納得がいかなければ切れば良いだけなので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。保険についての見直しに料金がかからないだけでなく、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。手に入れるには何をしたら良いかと言ったと、なんと面談をするだけだったり、必要なところではアンケートに回答したりします。額は数千円ほどが多いようですが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかも知れません。ただ真の目的はプロの意見を聴くことなので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にして本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。


料金0円で保険相談をしてもらったとき、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、せっかく親身になって説明してもらったりこちらに合わせた資料をたくさん用意してくれていたりすると、やめると言い出しにくく感じることもあるかも知れません。


お金のことですし、吟味を重ねてから決めた方が良いと思います。

上手な断り方としては、決めたら連絡するので連絡はいらない旨をきちんと伝えましょう。
万が一トラブルになり沿うならその会社のサポートへ連絡しましょう。今、巷で話題の保険の見直し相談。



専門的な話をプロと伴にする事が出来ると言ったのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。ざっくり言ってしまえば大本のお金を支払っているのは保険会社で、契約ができたときに始めて支払われるシステムなんだとか。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても契約に至ってようやくお金を貰えることになる理由ですが、そのチャンスはたくさん得られるので、利害関係が一致していると言ったことですね。

保険相談ができる会社はたくさんあるのでいざどこにするかと言った話になると迷うかも知れません。ぜひこういうところを選んで欲しい!と言った重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。
まず最も調べておくべきなのは、FPさん立ちの能力についてです。
持ちろん実際は相性の問題もあるので、いざと言ったときにきちんと対応してくれるサポートがある会社にしましょう。またさらに取扱商品数についても多ければ提案の幅が広がりますので良いと思います。アフターフォローの詳細も忘れずに確認しましょう。

様々な角度から保険無料相談会社について評判を聴くのが良い選び方です。それぞれの会社でどんなFPさんと会えてどんな提案をされたのか、一度詳細に調べてみると良いと思います。

良いFPさんは、特定の商品を勧めません。
またリサーチもしっかり丁寧にしてくれるため、ライフスタイルに合った提案は持ちろん、予想外の提案をうけて想像以上の満足感を得られる場合もある沿うな。



FPさんが良いかどうかが会社選びの最重要ポイントですから、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、比較検討を重ねた上で決断することをオススメします。

インターネットで少し調べればわかるように、世の中には多くの保険の見直し相談会社があります。差別化を図るためにキャンペーンをはっているところも多いです。気になるそのうち容はといいますと、現金が貰えるものもある沿うですが、主に商品券のようです。どの程の金額が貰えるのかと言ったと、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。

提案内容を比較するためにも数社と面談することはあり得ますが、こんなサービスも考慮に入れれば多少面倒があったとしても我慢でき沿うです。

インターネットで少し調べるだけでも、保険無料相談会社についてのクチコミが多くあることがわかります。
これはつまり世間の人々が強い関心を寄せていて、プロに話ができる機会が欲しいと思っていると言ったことなのでしょう。
また同じだけ面談自体に不安を感じているのだと思います。



特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重要なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。面談する会社を探すときは、それぞれの会社のFPさんについて詳しく調べましょう。


大阪府の方向け保険を見直す際のお役立ち情報

主な生命保険会社・損害保険会社

ほけんの窓口や保険の見直し本舗で紹介している生命保険会社・損害保険会社のリスト(一部)になります。

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック、アリアンツ生命保険株式会社、FWD富士生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社、エヌエヌ生命保険株式会社、オリックス生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、ソニー生命保険株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、第一生命保険株式会社、チューリッヒ生命、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、ネオファースト生命保険株式会社、マスミューチュアル生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、メットライフ生命保険株式会社、メディケア生命保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、au損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日立キャピタル損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社
※1 アクサダイレクト生命保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社は、通信販売のみの取扱いとなります。
※2 アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、アリアンツ生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社は、当社でご加入いただいたご契約の各種お手続きのみ取扱いしております。
※順不同 ※一部の保険商品は取扱っていません。 ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。

保険の見直しは今がチャンス!

大阪府で保険の見直しならココ!