保険の見直し

\保険の比較・見直しなら/

トップページ > 愛知県

保険の見直しって大変なんでしょう?と二の足を踏んでいるあなたにおすすめなのが、保険の比較・見直しを無料でアドバイスしてくれる保険の販売代理店です!

当サイトでは愛知県で保険の見直しを考えている方に、お近くの保険の販売代理店を紹介しています。

保険というのは、何かあった時のために入っておくと安心というものなので、何か起きない限りは、別段困ることもないしそのままでいいやと思っている人が大半なのではないでしょうか。

お手元に保険の契約書をご用意ください。

今、加入している保険は三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞))になった時に保障はしてくれますか?

もし、三大疾病(がん(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞))になってしまったら、はっきり言ってその保険じゃまかないきれません

入院費の足しになる程度の保険では、健康なうちは入っていれば安心という安心感は得られたかもしれませんが、いざ病気になってしまった場合、保険としてのありがたみはほぼ感じられないといっても過言ではありません。

高額療養費制を利用すれば10万程度におさまるんでしょ?それくらいで済むなら見直すのは面倒…と思われるかもしれませんが、高度先進医療(がんであれば陽子線治療(平均技術料約250万)等)を受ける場合、公的医療保険の対象外のため全額自費となります。

三大疾病というのは治療費が掛かり、治療が長期化する可能性があります。

入院が長期化すれば仕事への影響もでてきますし、それに伴い収入にも影響がでてくるという人もいるでしょう。

手術して完治する病気であれば不幸中の幸いですが、入院手術後も通院治療を余儀なくされる場合もあります。

また、がんの告知を受けていたり過去に入院歴があると入れる保険が制限され、やっと入れる保険がみつかっても保険料が倍になったり、契約から1年以内は保障が半分になるなど条件が厳しくなります。

いろいろな保険を自由に選べる時に見直しをしましょう。

今のうちに保険の見直しをしておくことが、あなたにとっても、あなたの家族にとっても、とても大切なことなのです。

保険を見直すのは大変?

保険を見直したほうが良いというのはわかっていても、各社から資料を取り寄せたり、内容を比較検討するのは大変…。

ということから、そのうちそのうち…と先延ばしにし、今に至っているという人はいませんか?

確かに全部自分ひとりでやろうとすると、大変な労力がかかるのは否めません。

しかし、先延ばししているうちは健康でいられるなんていう保証はどこにもありません。

それならば、保険のプロに任せてしまえばよいのです。

ほけんの窓口や、保険の見直し損保は、約35~40社もの保険商品から、あなたに合わせた保険を、保険の専門家が紹介してくれるサービスです。

しかも何度でも相談無料で、無理な勧誘や契約は一切ありません

\保険の見直しなら!/

速水もこみちでお馴染み!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国600店舗以上約35社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 来店型保険ショップ店舗数NO.1!
  • 24時間ネットで簡単予約

【ほけんの窓口の相談の流れ】
ほけんの窓口は、電話かインターネットで無料相談予約→意向の整理→保険選びの情報提供→意向の再整理→申し込み手続き→契約内容の再確認(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険選びの情報提供を受けた後でも、現在加入中の保険が本人のライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。

【安心の輪サポート】
安心の輪サポートとは、加入後の各種手続き(保険金・給付金等の請求、契約情報の変更等)を1つの窓口で受け付けしてくれるサービスです。
定期的に加入中の保険を確認することができる、安心の輪定期便の発行も行っています。


亀梨和也がCM出演中!
おすすめ度店舗数保険商品数
★★★★★全国254店舗約40社
相談料訪問相談キッズスペース
何度でも無料ありあり
※店舗により異なります
  • 契約実績100万件以上!
  • 各種変更手続きも一元管理でサポート

【保険見直し本舗の相談の流れ】
保険見直し本舗は、フリーダイヤルかインターネットで無料相談予約→保険の診断+アドバイス→保険のプランの提案→申し込み手続き→各種変更手続きも一元管理でサポート(契約後)という流れで手続きが行われます。
保険が全くわからないという方でも、基礎からきちんと説明してくれますのでご安心ください。

【情報管理の一元化】
保険見直し本舗はすべて直営店舗です。
引っ越しなどで利用していた店舗への来店が難しくなっても、新居の近くにある保険見直し本舗の窓口にてこれまで通り相談することが可能です。

まとめ

保険の見直しを考えているなら、プロに相談してみませんか!相談料は何度でも無料です!

愛知県の方向けはじめての保険の見直しQ&A

保険の見直しを考えているけど、何を選べばいいのか分からないし、手続きが大変そう…と思われている方も多いかと思います。
まずは保険について、そして保険の見直しについて知ることが重要です。
保険・保険の見直しに関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.生命保険にはどんな種類がありますか?

A.死亡保険、医療保険、収入保障保険等があります。

Q.死亡保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際に、残された家族に対して保険金が支払われる生命保険の一種です。一定期間の保障が続く定期保険と、終身保険等があります。

Q.医療保険とはどういう保険ですか?

A.入院・手術等による医療費に備えるための保険です。差額ベッド代や入院中の生活費等、入院時にかかる費用にも備えることができます。

Q.収入保障保険とはどういう保険ですか?

A.被保険者が死亡した際にご家族等保険金受取人が保険金を毎月のお給料のように受取ることができる保険です。

Q.がん保険とはどういう保険ですか?

A.がん(悪性新生物)による入院や手術、また通院治療の保障に特化した保険です。

Q.がん保険は入っておいた方がよいですか?

A.加入の検討をおすすめします

日本人の2人に1人はがんになると言われています。親族にがんなったという人がいたり、喫煙をされている方は特に加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険に入っていればがん保険はいりませんか?

A.いいえ

医療保険でも給付金を受け取ることが可能ですが、保険料が同等の場合医療保険のほうががん保険に比べて給付額は少ないため、がんの特約を付けておいた方が安心です。

Q.妊娠したら医療保険には入れませんか?

A.いいえ

ただし、妊娠がわかってから加入した場合や、5年以内に帝王切開をしたことがある場合等、妊娠・出産の給付に制限がつくことがあります。

そのため、医療保険の検討をしている女性は、独身時や妊娠前に加入しておくことをおすすめします。

Q.出産を考えていますが、女性保険に加入したほうがよいですか?

A.加入をおすすめします

出産にはリスクがあるため女性保険に入っておけば金銭面で安心できますし、入院が長引くケースも考えられますので加入の検討をおすすめします。

Q.医療保険と女性保険どちらがよいですか?

A.医療保険でも、女性特有の病気になった際に保障を受けることができますが、女性保険のほうが女性にとって手厚い保障内容になっていますので比較することが大切です。

Q.傷害保険とはどんな保険ですか?

A.損害保険会社が扱うケガや事故に対する保険で、外部の原因によって肉体に傷害を受けた際に一定金額がもらえる保険です。

死亡保険金、入院保険金、手術保険金、通院保険金があります

Q.生命保険は若い内に入っておいた方がいいって本当ですか?

A.本当です

生命保険は、健康状態などの理由によって加入できない場合がありますので、若く健康なうちに入っておくことをおすすめします。

また、生命保険の保険料は年齢によって変わっていく(年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるから)ため、若いうちに加入することで保険料が安くなるというメリットもあります。

Q.若い人でも保険は必要ですか?

A.必要です

病気のリスクは低くても、思わぬケガや事故のリスクは高い傾向にありますので、保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.独身でも保険は必要ですか?

A.必要です

自分が思わぬケガや病気で入院することになったときのために、医療保険やがん保険の加入をおすすめします。

治療費をはじめ、仕事を休んだ場合の収入減や、生活費の確保などを考慮して保障を選びましょう。

Q.専業主婦でも保険は必要ですか?

A.必要です

旦那さんが介護することになった場合に起こり得る休職及び収入減や、小さいお子さんがいる場合には保育園や託児所、シッターなどを利用することになるかもしれませんので、万が一に備え保険に加入しておくことをおすすめします。

Q.アルバイトやパートでも保険に入れますか?

A.加入できます

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員の方でも、保険に加入することはできます。

商品によっては保障額に制限が出たり加入できない場合もありますが、入院になった場合、収入がなくなってしまいますので、保険に加入しておくことで安心して治療に専念することができます。

Q.高齢者でも保険に入れますか?

A.加入できます

年齢の上限は各保険商品や保険会社によって異なります。

Q.無職でも保険に入れますか?

A.入れません

被扶養者や、一定の収入源がある人は保険に加入することができますが、収入源のない無職の人は保険に入ることはできません。


Q.保険料を安くしたいのですが

A.保険を見直すことで安くなる可能性があります

現在加入している保険が自分に合った保障額なのかということを確認することが大切です。まずは、ほけんの窓口や保険見直し本舗にて相談されてみることをおすすめします。

Q.ほけんの窓口や保険の見直し損保はどうして無料なのですか?

A.保険会社から支払われる契約手数料等で運営しているためです

ほけんの窓口や、保険の見直し損保といった保険の販売代理店は、提携している保険会社からの契約手数料等で運営されていますので、相談者は無料で利用することができます。

Q.ほけんの窓口や保険の見直し損保を利用すると、直接加入するよりも保険料が高くなったりしませんか?

A.なりません

同じ保障内容で同じ保険商品なら、直接加入手続きしても、ほけんの窓口や保険の見直し損保経由で加入しても、保険料は一切変わりません。

Q.保険を無理にすすめられるということはありませんか?

A.ありません

現在加入中の保険がライフプランにあてはまっているとわかれば、そのままの継続をすすめてくれます。無理な勧誘はありませんので安心してご利用ください。

Q.加入している保険が自分に合っているか確認してもらうだけってダメですか?

A.問題ありません

加入中の保険の確認や相談のみでも大丈夫です。

Q.現在保険に加入していないのですが相談にのってもらえますか?

A.大丈夫です

Q.相談に行く際には予約したほうがよいですか?

A.予約をおすすめします

予約者優先のため待ち時間が出来てしまう可能性がありますので、事前に予約をしておくことをおすすめします。

Q.子供と一緒でも相談できますか?

A.大丈夫です

店舗によってはキッズスペースがない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

Q.自宅で相談にのってもらうことはできますか?

A.大丈夫です

育児・介護等で来店が難しい場合、自宅や職場等で相談にのってもらうことができます。

訪問の場合でも相談料や交通費はかかりませんので安心してください。

保険の見直しを考えているときに役立つコラム

無料でできる保険相談のニーズが高まっています。

資格を持った専門家に話を聞いてもらえたりするのに、なぜお金がかからないのでしょうか。
気になったのでどういう仕組みになっているのか調べてみました。簡単にまとめるとやはりFPさん立ちにいくお金は保険会社から出ていて、契約が成立した際に販売等に関する手数料が発生する沿うです。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても面談だけでなく契約まで至らないとお金にならない理由ですが、営業のチャンスであることは確かなので、誰にすごく嬉しいメカニズムと言え沿うです。保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いのです。
そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは考えているより難しいのかもしれません。どこを選ぶか迷ったらランキングを参考にしてみては?これは色々な点から順位をつけてくれているので、会社を選ぶときに見るコツがわかります。

名前を知ってるような有名どころでも一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかもしれないので、試しに上から順に複数の会社に依頼してみるなど、うまく活用してみてはいかがでしょうか。



保険の相談をする際、いろいろな方法が考えられます。


自宅や勤務先の近くでFPさんと会う人もいれば、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、おみせに足を運んだことがあるという人もいらっしゃるでしょう。
日本中におみせがあるような有名どころですとショッピングモール内など、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、利用しやすいと思います。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなおみせでお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、実店舗を構えているところが良いかもしれません。一般的な保険の見直しというとおみせに行くにしても家や近所に来て貰うにしてもやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだ沿うです。



どういった流れになるかというと、フリーダイヤルやネットから電話をかけて貰う時間の予約をし、アトは担当FPさんからかかってくるのを待つだけ。



持ちろん0円でできます。この方法なら提案が不満なときも話を終わりにしやすいので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

世に数ある保険の見直し相談会社について、それぞれの観点から情報を集めているホームページが多々あります。
良く比べられているポイントは、実際に面談をうけられるまでの手続きの手軽さ、提案が可能な商品数の豊富さ、そして最も見るべきはFPさんの評価の良し悪しです。長い人生でもトップクラスの支出となるものについてのことなので、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、「この人なら信頼できる」と思えるような人と共に今後のことを考えていけると良いですね。よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。きちんと理解できないまま、FPさんの強い勧めだけで契約してしまうことも考えられます。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなど断れないような雰囲気をつくるようなFPさんがいるところでは、アフターケアについても心配なのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。


できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして家族などと共に面談すると良いでしょう。自宅で保険のプロと面談をしたときの心配な面に、提示されたプランに納得いかない場合断れるかは気になるところでしょう。
良心的な会社だったら強い勧誘の禁止令があったり、担当者の変更を聞いてくれたりするなどといったサポートが用意されているところがほとんどです。1回話し合いをしただけで全て決めることにはまずならない沿うですから、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨をはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

その提案に自信があるFPさんならその辺りのスピード感も理解しているでしょうねから、うけ入れてくれるでしょう。

良い保険の見直し相談会社の選び方のひとつに、クチコミのチェックがあります。
特に各々の会社で会えたFPさんの実力や感じた印象などについて、注目して見ていくと良いと思います。良いFPさんは、特定の商品を勧めません。顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、守りたい生活に負担のない提案であることは当然ですが、それ以上の思いがけない提案に驚きながら納得するなんてこともあるとか。
どこでお願いするかの最優先はFPさんの質なので、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、実力を比較検討してみると失敗が少ないでしょう。

世に数ある保険に関する無料相談会社の中でも、店舗数も多く、テレビでCMを流したりもしていて多くの人に知られているのが「ほけんの窓口」ではないでしょうか。来店型の中でもトップクラスの知名度を誇る会社で、少し調べるだけでも口コミや体験談が山ほど見つかります。まず最初に保険についての勉強をするところから初まり、不安な点や疑問にも的確に答えをくれる沿うなので満足度が高いという評判が多いようです。
さらに扱っている商品の数持たくさんあるので、色々なプランを比較できると思います。
保険は人生の中でも特に重要な部分を占める出費ですから、見直しをする際も気を付けなくてはなりません。


予想されるトラブルについては口コミなどをチェックして、心の準備をしておくことをお奨めします。



多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。



不安点ばかり強調したり、利点についての説明だけされたりして理解しきれないまま話を進められるというパターンです。

願望については伝え、いったん家族などと話す時間をとることをお奨めします。いざというときには会社で用意されている担当者を替えるサポートを利用しましょう。
大事なことですから雰囲気に流されることなく自分で決断しましょう。


愛知県の方向け保険を見直す際のお役立ち情報

主な生命保険会社・損害保険会社

ほけんの窓口や保険の見直し本舗で紹介している生命保険会社・損害保険会社のリスト(一部)になります。

アクサ生命保険株式会社、アクサダイレクト生命保険株式会社、朝日生命保険相互会社、アフラック、アリアンツ生命保険株式会社、FWD富士生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社、エヌエヌ生命保険株式会社、オリックス生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社、住友生命保険相互会社、ソニー生命保険株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、第一生命保険株式会社、チューリッヒ生命、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社、東京海上日動あんしん生命保険株式会社、日本生命保険相互会社、ネオファースト生命保険株式会社、マスミューチュアル生命保険株式会社、マニュライフ生命保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、三井生命保険株式会社、明治安田生命保険相互会社、メットライフ生命保険株式会社、メディケア生命保険株式会社、ライフネット生命保険株式会社、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、アクサ損害保険株式会社、朝日火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社、AIG損害保険株式会社、au損害保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、セコム損害保険株式会社、ソニー損害保険株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、そんぽ24損害保険株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、日立キャピタル損害保険株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社
※1 アクサダイレクト生命保険株式会社、エイチ・エス損害保険株式会社は、通信販売のみの取扱いとなります。
※2 アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、アリアンツ生命保険株式会社、SBI生命保険株式会社は、当社でご加入いただいたご契約の各種お手続きのみ取扱いしております。
※順不同 ※一部の保険商品は取扱っていません。 ※取扱保険会社・保険商品は店舗により異なります。

保険の見直しは今がチャンス!

愛知県で保険の見直しならココ!